Web + Life Hack

〜True But Useless〜

【git】git初心者必見!「git push」の使い方。

まだSVNを使っているweb系の会社ってあるのかな?

と思うほど、gitの導入が加速化していますが、

みなさんは正しく利用出来ているでしょうか?

 

特にローカルリポジトリで作業し、リモートリポジトリにソースを配置する、

「git push」コマンドについて私は、完全に勘違いしていました。

 

今まで自身のローカルブランチ「hoge」のソースをリモートリポジトリが「test」、リモートのブランチ「master」へソースをpushしたい場合、以下のコマンドを実行していました。

 

git checkout hoge

git push test master

(現在のブランチがpushしたいブランチと違う場合) 

 

しかし、上記のコマンドだとtestリポジトリ内の「master(デフォルト)ブランチ」に、「ローカルリポジトリ内の『master』ブランチのソース」がpushされてしまうのです。

 

その場合、

git push test hoge:master

と、「:」後に「pushしたいローカル側のブランチ名」を指定しなければなりません。

 

gitは省略も可能で便利ですし、個人で開発する規模だとあまり意識しませんが、

3人以上のチームで開発する際はこのようなことを意識しないと、

メンバのソースを吹っ飛ばしたり、不要なコンフリクトを発生させる原因になりますので、注意してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

どなたかの参考になれば幸いです。

 

Gitポケットリファレンス

Gitポケットリファレンス

 

 

 

 

広告を非表示にする